スタディサプリのメリットとデメリット

ースタディサプリの概要ー
スタディサプリは株式会社リクルートが提供する通信教育に分類することができる、インターネットを利用した「eラーニング」のシステムということができます。

 

テレビコマーシャルなどで見たこともあるという人も少なくないと思われますが、インターネットに接続できる端末のパソコンやタブレットやスマートフォンなどから、一日24時間、好きなときに受けたい授業を受けられるシステムとなります。

 

小学生から高校生までの授業や学習支援、受験生用のプログラムまであり、授業が受けられる教科も多岐に渡っています。

 

それだけではなく、レベル別のプログラムや英検講座など学習や受験に関するあらゆるプログラムが用意されており、講座のプログラム数は1万本を超える数が用意されています。

 

 

それだけではなく、それぞれのプログラムは塾講師として実績上げてきた講師のプログラムとなっています。

 

そして驚くべきことにはこれだけのプログラムが24時間利用することができて、月額980円で利用できます。

 

他のeラーニングと比べて見ても圧倒的なサービス内容とコストパフォーマンスをもっているのがスタディサプリと言えます。

 

 

 

ースタディサプリの3つのメリットー
スタディサプリのメリットは大きく言えば3つほど上げることができます。

 

 

一つ目はコストパフォーマンスです。

 

小学生、中学生の塾通いを考えてみても、高校生や予備校生の予備校のコストを考えてみるとはっきりとわかりますが、月額980円は驚くべき利用料を実現しているといえます。

 

特にコストパフォーマンスが高いのは受験生に対応するスタディサプリで予備校などの利用コストと比べるとそのコストパフォーマンスは際立ちます。

 

 

二つ目は講師のレベルの高さです。

 

月額980円で利用できるコストパフォーマンスをもっていても、講師のレベルが低く、学習効果が低いとスタディサプリを利用する意味は全くありません。

 

しかし、スタディサプリの講師陣を見れば一目瞭然にわかりますが、一流の講師陣を招いているので、授業はわかりやすく理解しやすくなっています。

 

これだけの講師陣から授業を受けられるのは実在する塾や予備校でも難しいと言われており、授業のクオリティの高さは特筆すべきでしょう。

 

 

最後には24時間インターネットに接続できる端末をもっていれば、一流の講師陣のハイクオリティの授業がどこでも受けることができますし、わからないことがあれば何度も繰り返して授業を受けることができます。

 

塾や予備校に行く必要はありませんので、通学時間の無駄があれば、その無駄を省くことができます。

 

自分のテンションやモチベーションが上がっている時間に利用することができるのも大きなメリットとなるでしょう。

 

しかし、このいつでもどこでもスタディサプリを利用できるというメリットは実は大きなデメリットにもつながるということは理解しておいたほうがいいと思われます。

 

 

 

ースタディサプリの3つのデメリットー
スタディサプリはメリットが多いと考えれますが、それでもデメリットもやはりあります。

 

スタディサプリのデメリットも3つほど上げることができます。

 

 

一つ目はスタディサプリを利用する人のモチベーションの問題です。

 

塾や予備校などはその場所に行くということでモチベーションが上がりますし、周りや講師の目というものもあります。

 

いわば、勉強するように強制的な力が働く場所が塾や予備校などということです。

 

ところが、スタディサプリでは基本的には一人で授業を受けることになるので、モチベーションの維持が難しい面は否定できません。

 

極端なことを言えば、スタディサプリの授業はサボり放題という可能性もあるのです。

 

勉強や受験に対してモチベーションが維持できない人はスタディサプリは無意味ということになるかもしれません。

 

 

二つ目はスタディサプリの授業は一方通行であるということです。

 

スタディサプリは一流の講師陣が授業をしますから分かりやすいことは間違いありませんが、そうはいっても全てに100%理解できるということはありえません。

 

どうしても何度も授業を聞いてもわからないことがあれば、実際に先生などの質問することによって簡単に解決することも少なくありません。

 

スタディサプリではこのようなサポートがないのです。

 

それにスタディサプリにはテストなどのようなシステムもなく、学習能力の進捗などをはかることは簡単ではありません。

 

もちろん、答えを手直ししてくれるようなこともありません。

 

 

最後にスタディサプリの授業は一流の講師陣が受け持っていますが、かなりゆっくりとしたスピードで授業を進めていくと感じている人が多いようです。

 

人によってはわかっている場所についてゆっくりとしたスピードでは嫌になってしまう可能性があります。

 

しかし、授業を早送りできるシステムがあるので、スピードが遅いと感じるような人は試してみてもいいのかもしれません。

 

スタディサプリの評判TOPへ